医薬品を安く購入するために

医薬品を個人輸入代行で入手する人は年々増加しています。
その大きな理由はやはり安価に入手できることが挙げられます。
国内で同じ有効成分のものを購入したとしても値段が違ってくるのです。
なぜならば、ジェネリック医薬品・中間コストなどが大きな要因となっているからです。
ジェネリック医薬品は特許がないため医薬品の開発研究費が価格に反映されていない分、安く購入することができます。
医薬品の価格で大きな割合を占めているのがこの研究開発費であるのです。
原材料だけでいえば、1錠あたり1円も満たないと言われているほどです。
そして、中間コストは特に国内で処方箋が必要とする医薬品で大きく影響することになります。
処方箋を書いてもらうのも、その処方箋を元にドラッグストアで購入するにしても、診察料や調剤料をとられてしまうのです。
何気にそこにかかるコストが小さくありません。
他にも忘れてはいけない安価となる理由に消費税があります。
2014年4月から消費税が8%に増加しましたが、個人輸入代行で購入するときその消費税がかかりません。
というのも、海外で代行者が購入して依頼者のいる日本に輸送するのです。
つまり日本の消費税がかからないことになります。
個人輸入代行で購入する国は消費税がかからないところであるケースが多いため、その消費税8%分がコストカットできるわけです。
今後は消費税10%から15%以上になると言われているため、その消費税カットの恩恵はさらに実感することになります。
このように医薬品をコストカットできる個人輸入代行は注目されているのです。
特にコストが安くなると実感できるのが健康保険の適応外とされている医薬品です。
適応されている医薬品は医薬品の1割~3割で購入することができ、それ以外は社会保障費から補填されます。
適応外といっても効果がないから適応外というわけではありません。
高い効果があっても、健康や生命に影響のない医薬品は公的な医療保険の適応外となります。
すべての医薬品が適応されてしまうと社会保障費が膨れ上がってしまうからです。
健康や生命に影響の無い医薬品とは、たとえばED治療薬や避妊ピルや医薬品育毛剤などがあります。
これらは健康保険適応外であるため、全額自己負担となってしまいます。
そのため、国内で購入するとなると金銭的な負担が大きく圧し掛かってくるのです。
しかし、先ほどから述べている個人輸入代行ならばその負担が大幅に減らすことができます。
だから、健康保険の適応外の医薬品ほどより安さを実感することができます。
もちろん、適応内の医薬品も購入することができますが、そのときは健康保険がりようできないため全額自己負担となるのです。
ただし、全額自己負担であっても個人輸入のほうが安いケースも決して少なくありません。
国内で購入するケースと比較しながら個人輸入代行を利用すれば、その安さを実感することができるはずです。

薬の輸入